受付業務の省力化・予約管理の効率化

時間帯予約制は本当にうまくいく。

投稿日:

先に結論からお伝えしますと、必ずうまくいきます♪

昨日、弊社ユーザーさんからのご紹介で、都内にある小児科さんに訪問いたしました。

現在受付順番制のクリニックさんで、デイリーで100名~170名来院するそうで、
待ち時間が長時間化していることが問題になっていました。

いつも通り時間帯予約制の提案をさせていただきましたが、ほぼ100%の確率で、

  1.  時間帯予約制はきっと上手くいかないのでは?
  2.  受付業務が膨大になるのではないか?

というご懸念をいただきます。
お気持ちはとても良くわかりますので、私たちも成功事例を背景に丁寧に「大丈夫な理由」をご説明させていただいています。

結論的には圧倒的に時間帯予約制が優れています。
ただし、正しい設定値をクリニック毎の事情にあわせていただくことが前提です。

正しい設定値を導き出すノウハウは弊社の強みでございますので、安心してお任せいただきたいと思います。
昨日も受付職員の皆様から多くの質問を頂戴しましたが、最終的にはご納得いただきまして6月より時間帯予約制をご利用いただくことになりました。

時間帯予約制という概念は昔しから存在していますが、予約システムで「時間帯予約版」と銘打って営業活動をしている会社は10年前は弊社だけでした。各社とも、「時間帯予約制は上手くいかないから、受付順番制で行きましょう」という営業をしていた時代でしたので、あの当時、お客様からは良く。。。メディカルフォレストさんって変わっていますね(笑)、、、とよく言われました。

今では優れた予約管理法であると認知されるようになりましたので、各社、積極的に販売されるようになってきたのではないでしょうか。
弊社ではユーザーの大多数が「時間帯予約制」を利用されています。

是非一度、弊社にご相談ください。

 

 

-受付業務の省力化・予約管理の効率化
-, ,

Copyright© これからの診療予約システムの話をしよう , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.